ヒット件数 : 1件

1952年(昭和32年)の年次経済報告(経済企画庁)では、戦後、日本の木材の需要量が国内の森林の成長量を上回っている現状を指摘した上で、成長量の少ない天然林(年間成長量約2%)を成長量の多い人工林(年間成長量6.4%)へ林種転換して拡大する必要性を説いており、国民経済の要請を「質よりもむしろ量の増大を期待している。」とまとめる時代があった。 #ウィルウェイ

willwaywork@pawoo.net

ウィルウェイ (4)

- 約1ヶ月前