ヒット件数 : 7件

ネコ科のすり鉢とネコ科と蛇の形をしたすり棒は、小さいため幻覚剤や顔料をすり潰したと考えられている。ペルー北部の神殿遺跡、紀元前900-500年のパコパンパ遺跡より。同じ用途のものが正倉院にあります。幻覚剤や顔料をすり潰したと考えられる「すり棒」和歌などを詠むとき「芳香」と「顔料」は不可欠な存在だったのです。

B7164514c67fdbbb

jin_jah@mstdn.beer

blobtired: カレーちゃん:blobtired: (212)

- 9日前

成分の抽出と化学合成における目的が投薬摂取となる場合、薬事法に則って医師の処方を必要とする。またこれに従わない「違法な幻覚作用を持つ成分の抽出(幻覚剤の定義によるもの)」を麻薬取締法で取り締まる。

jin_jah@mstdn.beer

blobtired: カレーちゃん:blobtired: (213)

- 9日前

日本でも、『今昔物語集』の中でマイタケを食べ幸せな気持ちになって踊りだすというエピソードがあり、こうしたキノコとの関連も言及される。ほかの幻覚成分であるイボテン酸を含むキノコにはベニテングタケがある。インドのヴェーダという聖典に登場する、霊感を与えるソーマという飲み物には幻覚作用があるといわれ、シロシビンを含むキノコかベニテングタケが入っていたのではないかと考えられている。古代ギリシャでは、毎年秋にエレウシスの秘儀を行う習慣が1000年以上も続いていた[27]。エレウシスの周辺の池には、リゼルグ酸を含む麦角菌が存在するので、これが幻覚剤としてエレウシスの儀式で使われたのではないかという見解もある

jin_jah@mstdn.beer

blobtired: カレーちゃん:blobtired: (213)

- 9日前

DSM-5では、幻覚剤関連障害の中に、ケタミンを含むフェンサイクリジン類による解離性のある幻覚剤と、それ以外であるLSD、メスカリン、シロシビン、MDMA、ジメチルトリプタミン (DMT) 、サルビアなどに大きく分類しており、大麻は幻覚剤に含めず大麻関連障害として別個である。

jin_jah@mstdn.beer

blobtired: カレーちゃん:blobtired: (212)

- 9日前

幻覚剤キメてそう

Fenrir@imastodon.net

フェンリルさん (68)

- 約1ヶ月前

今更だけどなんでヤク中兄貴は幻覚剤+おもしろホモビという名の麻薬のちゃんぽんを試さなかったんだろう

MDMA、覚醒剤と同等に語られてるけど元来はただの幻覚剤だろエアプか?