ヒット件数 : 19件

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

C5ace023300bec67

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

A877b644daff9415

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

E6611bb12573dbe4

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

A20b67586dfe10b7

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

2e470f5683024b3a

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

324c2978a29afa35

Netflixに『ナチスの強制収容所』っていうドキュメンタリーがあって、ついてるタグが「第二次世界大戦 懐かしの名作 スプラッタ―」なのよね。これはさすがに二の足を踏む。。

8afd0abc753ac283

eulanov@mstdn.jp

ゆらのふ (160)

- 約1ヶ月前

Netflixに『ナチスの強制収容所』っていうドキュメンタリーがあって、ついてるタグが「第二次世界大戦 懐かしの名作 スプラッタ―」なのよね。これはさすがに二の足を踏む。。

4a49cf46f3a04332

eulanov@mstdn.jp

ゆらのふ (160)

- 約1ヶ月前

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

5dda150daf2bbf47

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

81443d43697e0463

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

79038bd46bd5f786

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

348b09e4415155ad

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

1a4df25f9624fd38

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

93606633eb4def69

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

7aa236234e0987ba

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

8073df5266889881

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

8756c9477448ed9c

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

1362e135ce5ad95e

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

Badb93b9a8969116