ヒット件数 : 45件

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

E8741ce062c34dbd

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

F45df8a47409ef3c

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

03b285c8ce8b78b1

uglykid_joe@z-flag.work

マック (21)

- 3日前

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

F2e5ec1441d1e9f5

uglykid_joe@z-flag.work

マック (21)

- 3日前

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

480dcbdf15d76e61

uglykid_joe@z-flag.work

マック (21)

- 8日前

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

4c59f4867a8cb741

uglykid_joe@z-flag.work

マック (21)

- 8日前

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

C5a1a22b065d323d

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

Bc41f65503365199

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

703ac0e8fd5240f5

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

5eb64dffe616ddbd

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

3592a6dc830c66c8

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

3b804aeb5b28d87e

孫文記念館。孫文は建国・民主主義の父として、中国でも台湾でも非常に尊敬されている。この建物もめちゃくちゃデカイ。孫文は日本で辛亥革命の構想を練ったそうよ。日中で協力して、欧米に対抗しようという考えがあったみたい。これは第二次世界大戦で日本が構想した「大東亜共栄圏」の考えとも一致するわね。誰が盟主になるかはともかく「アジアは一つにまとまらなければならない」という考えはアジア各国にあり、だからこそ、アジア文化は非常に似ているのね https://pawoo.net/media/4VPTcrhQfaOwWaAAtJQ https://pawoo.net/media/sj9OWmGGSKKEjItIHAY https://pawoo.net/media/w4YZbaHmTgt1EPp-7Qk https://pawoo.net/media/3GZRQ53s8PgbfV4dzmE

7033f0fe7b726d8b

mickeyhat@pawoo.net

ミッキー・ハット(メグデス) (275)

- 18日前

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

9f18b32990fac6c2

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

B9355da03751b760

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

9a3d3abd00e6ad64

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

C311a60135c1bdc3

Battle of Ortona, 1943#第二次世界大戦

Defd6c8d2600a06e

kaijestudio@pawoo.net

Keith Jesse Armena (1)

- 21日前

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

0f8207faa71048bc

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

96663b4d4876331b

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

Be60c04688332a05

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

Abc46c9622a1f607

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

7e83b58d0919d7d8

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

Dc9bb2b007fd4cae

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

069a5a5dcc303a9f

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

511a5c316c6c88d2

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

84526ea1167e7765

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

626b45b5e149dea2

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

F94fae80eb384760

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

0b8dbd153f7bb064

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

Cf1b5702e7c9f2cd

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

B4af92b0c2ed205a

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

461f6ba5f2dee069

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

1700cfe98ce27879

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

Caa6d1872ff142c5

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

C0c3ef1d4dcdb284

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

Fec0870b3cbd03ca

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

1394f7702b323b72

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

De0c4a2973966a98

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

6dc4b1c6daa7198d

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

A9de70716bf678ce

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

3c283925e920fda5

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

94745949f177e8e2

【非武装国家の成れの果て】■ルクセンブルク■建国時より、非武装中立を揚げていた国。しかし、『第一次世界大戦』勃発とほぼ同時に、隣国であるドイツに侵攻、蹂躙される。その後も継続して、非武装中立の立場を取るが、『第二次世界大戦』が勃発すると、再びドイツに侵攻、蹂躙される。その結果、政府と大公は国を亡命し、ルクセンブルクでも戦闘が行われたため、5万人の国民がフランスへ亡命、4万人が“非戦闘地域への避難”を余儀なくされた。その後、ルクセンブルクは国策を大きく転換、永世中立政策を廃止し、軍隊を所持。現在はNATOに加盟し活動している。

02f3182685a4d45a

【非武装国家の成れの果て】■アイスランド■第二次世界大戦時、中立国として宣言し、「小規模な国防組織」の設立のみに留めて、実質的な軍隊の保有を放棄。しかし、戦争当事国である、イギリス軍によって、戦略的な理由で国土の全てを占領されてしまう。1941年からは、イギリス軍に代わり、アメリカ軍が駐留。戦後も軍隊を持たずにいたが、国防の要として、2000年までアメリカ軍が駐留。現在ではアメリカがアイスランドの安全保障を引き続き継続することを約束している。

Be1df54d0dc982cf